FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第27話「疎通」

a0aca1eb.jpg
8月に入って二週目の10日、強化学級を順調に終えた、佐分利学院の生徒たちは夕方、無事高層校舎へと戻って来た。それぞれ乗って来た車から、荷物や手回り品を降ろし、所定位置に収めたり、生徒たちの手元に戻った事を確認の後、簡単な終礼と、盆明けの教科の説明を受け、解散。

その途中、教科に使った備品の片づけをしていた中等科生 白鳥 健(しらとり・たける)は、親友の同級生 箕輪 徹(みのわ・とおる)の様子が気になった。「彼(あいつ)、やっぱり先週の夜、何かあったんだろか?」理事長と講師に断り、近くにいた彼に話しかける。

「徹、ちょっといい?」 「ああ、何かな?」 「今、途中だから手短かにするけど、後で少し、時間ある?」 「ああ、少しならいいよ」 「よし。終ったら、早い方がロビーで待つって事で」 「了解。じゃ、後で!」暫く後、二人は階下で落ち合い。

上級生 豊野 豊(とよの・ゆたか)は、帰路途中で講師たちと分れ、直にM県下の親許に帰ったので、盆明けまでは会えないが、LINEやSMSなどで連絡を取り合える様になっていた。健、徹の二少年は、馴染みのマクドナルドで暫し会話。健が「お前、何か隠してるだろ。先週の夜、何かあったんじゃね?」問えば、徹は「ああ、大した事じゃない。ただ、ちょっと小町先生に呼ばれてね」と返す。

その時の模様を少し。養護主任 本荘小町(ほんじょう・こまち)は、8月3日と4日、水・木曜と、A県東部の山間の公営施設で行われた、中等科の強化学級を、巡回の名目で訪れた。現地泊となった水曜夜の夕食後、生徒の寝室で自習中の徹は、小用から戻る所、小町の呼び出しを受ける。同室の健は、「おや?」と思いながらも「後で話を聞かせてくれ」と言葉をかけて送り出した。

個室の、講師の寝室にいた小町から聞かされたのは、表向きは、夏前にした怪我のその後の経過を尋ねる事だったのだが、会話が始まって間もなく「ねえ徹君。去年の夏の事、覚えてる?」こう訊かれ「ええ、まあ、好い思い出ですね」などと曖昧に受け答えていたものを「約束してくれないかなあ。夏休み中に、もう一度、夜 あたしと会う事を・・」と妖しい出方に。

「ご免なさい!それは、ちょっと・・」徹は、逃げる様に小町の控える部屋を辞した。勿論彼には、迂闊に応じればどうなるかが見えていた。気の抜けない強化学級の最中だから、尚更だろう。健にはこの時「何でもない」と隠し通したものだった。

賑わう店内でマック・シェイクを嗜みながら、徹は、以上の事を淡々と語った。聞いた健は「やっぱりそうだったか。お前、呼び出された時、何となく憂鬱そうだったからな。さて、どうする?明後日にでも、伯父貴を交えて、とりあえず三人で話すか?」

徹は「そうだね。これ、お前の伯父さんにも、豊野さんにも、早めに知っといてもらった方が良さそうだから、それは俺も賛成だな」
「OK。じゃ、今夜伯父貴に会うから、お前にはLINEで伝えるわな」 「分った。じゃ、俺は、それ待って動くわ。豊野さん宛ての連絡も、それからで良いね」 「そうだね。そう言う段取りにしよう」 「有難う。宜しくな」遅くならない方が良いと感じた二人、この日は小一時間で帰宅。

その夜、健は夕食の席で、仕事の後 同席となった伯父の中条に、徹の話を伝える。「分った。じゃ、徹君ちも、盆の行事とかがあるだろうから、明後日の昼を一緒に食って、それからここの応接間で、少し話って事にするか」と言うと、健「それ同意です。じゃ、彼(あいつ)にも伝えるから」こう応じ、徹にその旨LINE連絡。「昼は俺んちだから、楽しみにしておけ」とも申し添えた。その間に中条は、帰省中の豊と連絡。二日後の昼頃、連絡できる様にされたい旨伝え、了解を得る。

二日後の12日金曜朝。中条は、例によって斜め向かい家屋上に現れた、Kuso犬の咆哮で覚醒。これは月初め、交際状態となった、甥の元恩師 伊野初美(いの・はつみ)と迎えた朝と大体同じ。この時も、階下の通行人や犬連れ散歩人に激しく反応するも、粗相を見なかったのは幸いであった。

「まあ、アホ同士の罵り合いに、文句言うてもしゃあねぇか」彼は思った。月初めの、初美との二日目はほぼいつも通り。馴染みの喫茶店で朝食の後、TV報道番組をチェックして、それに絡む会話を一通り。午後は、昼食と、買い物の下見で栄町へ。戻って茶話で一服の後、円頓寺の丸万ストアにての買い物後、彼女の居所へ送って終了と言う所だった。

盆前のこの日、勤務は土曜の様に午前中まで。明13日の金曜から、16日の月曜まで盆休みである。この期間は、健も、勉強の合間を縫って家業の雑用手伝いに入り、この日は、近所の物流倉庫で、中条の盆明け準備の応援だ。正午頃、目途がつき戻った所へ、スポーツ・サイクルに乗った徹が現れた。「伯父さん、宜しくお願いします!」

健の一家や、他の従業員複数を交えた賑やかな昼食後、思い思いのTシャツにジーンズの三人は応接間に移動。ここはほぼ一年前、二少年が、恩師だった初美と、特別林間学級の終礼を交わした、思い出の場所。この日の飲み物は、全員がアイス・コーヒーと麦茶である。

「よく覚えとるやろ」中条、切り出す。「勿論!去年の夏、何だかんだと言っても、この場所の記憶が、一番強烈かな」健が返す。「俺もですよ。中山荘(ちゅうざんそう)の出来事も、好い思い出ですがね」徹も応じ。

「まあ、それぞれに、色んな思い出があるだろう。大事にせないかん事も多いだろうし。ただよ、そんな中でも、自分はこうしたい、こうしたくねえって事は、はっきり言って、通す様努力せないかん。それが信念だ。今日、徹君から聞かないかん話は、それに関する事だよな」 「ですねぇ。正直、強化学級の場所で(小町先生に)あんな出方をされるとは思いませんでした」徹が答える。

中条「もう知ってるかもだが、この前 初美(元)先生と偶然会って、その時に、あの方もそんな事を仰ってたよ。小町先生の強化学級行きよりは前だったけど、まあ学院の養護室での出来事は、薄々ご存じだったな」 「なる程。お元気そうで何より。伯父さんは、あの女性(ひと)と、時々会えたりするの?」健が訊くと「うん、まあな。円頓寺の丸万ストアは知ってると思うが、日曜の午後、買い物に行くと、たまに会う事があってな。傍の店でちょっと茶話会位の事はある」勿論嘘だ。もう何夜かを過ごす、濃い関係ではあるのだが。

「なる程ね。俺んちの母さんがよく行く丸万ストア・・初美(元)先生も、結構地味なんだな」健、意外な顔で反応。徹も「あの店は、ウチの母さんも、よく行ってるみたいでね。まあ日曜以外でしょうけど」こう応じ。「まあ、そう言う訳よ。でも、以前の先生が知ってるって事ぁだよ。小町先生、合間に養護室で、何かされとるのかも知れんな」中条が言うと「その話は、俺たちも、チラ聞きした事ありますね。何かあるんじゃって」二少年も、言葉を揃える。「今日は今から、その事にどう向き合ってあしらうか、その話をせんといかんって事だよ」 「・・ですよね」

中条「って所で、ちょっと、豊君の話を聞こうかな」こう言うと、彼宛てにSMSを送信。「豊野 豊君。中条です。話はできるかな?」

「ああ、伯父さん、有難うございます。OKですよ」 「今、健に徹君と話し中。薄々思ってたんだが、やはり小町先生、強化学級の夜、彼を呼び出しててな」 「やっぱり!来ましたか。俺も、ちと心配だったんですよね」 「いや、心配は気持ちだけで良い。君には、受験勉強に集中して欲しいからな。で、俺たち三人、これからその問題について話を進めるから、終わったら君にも伝えんとって思うんだ。だから、もう暫く連絡できる様にしといてくれるかな?」 「かしこまりました!連絡なら、俺は夜までOKですよ」 「有難う。じゃ、後一、二回って事で」 「了解です。好い話ができるとって思いますよ。じゃ、後で・・」交信終了。

中条「徹君は、一つ困る事があるだろう。小町先生がああだと、学院で体調崩したりした時、気軽に養護室へ行けんもんなあ」こう言うと、徹「まあ、そうですねえ。ただ、学校の健康相談もあるし、その辺りは、何とか上手く行く様、工夫してみますよ」と苦笑交じりに返す。健も「俺も、この問題片付くまでは、なるべくそうしようと思うんだよね」と応じ。

「そうだな。二人とも、暫くはなるべくそうしてくれると有難い。その間に、俺や初美先生が、学院にいらす先生方と協力して、お前たちが不安のない様にしようと思うんだ。ただ、暫く日数がかかるかも知れん。それは、分ってくれるか?」中条が言うと、二少年は「はい。それは分ります。伯父さんが力になってくれるのはとても有難いから、どうか無理はしないで欲しい」こう応じ。

中条「分った。具体的にどう動くかは、今は言えんが、俺の動きを見てれば段々分って来るさ。さあ、夕方になる前に、豊君にもこの事知らせて、ひとまず終わりにするかな」 「はい、分りました。宜しくお願いします!」二少年の返事を待って、中条は豊に宛て、この日の話をSMS送信、了解を得た。その返信で豊「伯父さん、折り入ってお耳に入れたい儀があるんですが」と送る。「それは分るが、どうだろう。今、俺に言った方がいいのか?」と訊けば「急ぎではありません。そちらへ戻ってからお話しします」と返す。「いいだろう」でこの交信は終わるのだが、その内容につき、二少年には、思い当たる所があった。
(つづく 本稿はフィクションであります)。

今回の人物壁紙 さくらみゆき
松岡直也さんの今回楽曲「Uターン(U Turn)」下記タイトルです。
U Turn
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。