FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第28話「企図」

av-32196.jpg
「分った。何とかする。今、2時過ぎやから、3時に中央駅の時計台んとこでいいか?OKだな。よし、じゃ、後で・・」盆休み入りをを翌日に控えた午後、健(たける)、徹の二少年と話し合っていた中条のスマート・ホンがSMSを捕捉したのは、その話も終わりかけた頃だった。送り主は、初美である。

「二人、悪いな。ちょっと聞いてくれ」 「はいっ、聞きましょう」二少年の返事を受け、中条、続ける。「今、初美(元)先生から連絡があってな。この後 用があるそうで、俺、ちょっと会う事になったわ」 「そうですか。じゃ、さっきのお話はよく覚えておきますね」 「ああ、宜しくな。次は一つ、豊(ゆたか)君を交えて話さんといかんな」 「そうだね。是非一度やりましょう。できれば夜、伯父さんちが好いな」健、こう返す。

中条「健!お前又、AV見てぇんだろうが!ちゃんと分っとるぞ!」こう罵れば、甥は「エヘヘ~、まあね~。だって伯父さん、又ライブラリー増やしたの、分ってるからさ~!」笑って返し。徹も「俺も見たい。だから反対しませ~ん!」と応じ。
「仕様がねえなあ~!まあ、夏休みの勉強、確かに目途つけられるんなら見に来ても良いわ。日時は、又教えたるよ」 「有難うございます。頑張ります!じゃ、今日はこれで失礼します!初美(元)先生に、宜しくお伝えを!」こう言って、スポーツ・サイクルに乗った徹は、元気に帰って行った。

中条、呆れ顔で言う。「・・たく、単純な奴らだな。何かで釣られると、態度が一変するのだからな。お前モナー」対する健は「まあ、そんなもんでしょう。楽しみがあるから頑張れるって事で」と笑って返し。伯父は、ただただ苦笑するのみである。
「まあいいや。盆が明けたら、豊君も交えて一度話の席持とうや。で、徹君は、もう分ってると思ったから言わなかったが、さっきの豊君の話は、まだ思っとっても言うなよ。まず、彼から語らせるんや」 「はい、分った。冗談はさておき、又会う日と時間教えてね。後、俺からも、初美(元)先生にも宜しくです!」 「OK!まあ頑張れや」 「有難う。気をつけてね」

健の実家を辞した中条が、待ち合わせ場所のN市中央駅大広間 時計台下に着いたのは、午後3時少し前。直後に、薄黄のワン・ピースにサンダル姿の初美も現れた。大き目の肩バッグも、もうお馴染み。「新(しん)さん、無理言って悪いわね」 「いや、何の。盆休みに入ったの?」 「ええ。今日午前でお仕事が終わって、一度帰って、着替えて来た所よ」 「それは有難う。親御さんとこへも帰らんといかんやろ?」 「まあね。でも、それは明日午後からでいいの。昼までは、一緒にいたいな」 「それは好い!俺も賛成や。で、こう言う時やから、ウチ飲みがいいのかな?」 「まあそうね。どこかで適当に一服して、買い物して、貴方のとこでゆっくりしたいわ」

二人は、N市中央駅南方の、デパート街の地下「デパチカ」で買い物をすべく、歩き出したのだが、間もなく状況が一変する。中央駅正面玄関から地階に降りようとしたその時、対向で昇って来る、藤色のワン・ピースを纏い、パンプスを履く女の姿。「あ・・小町さん!」

「あらら、お二人。仲睦まじくて好い感じじゃないの。これからデート?」 「いやまあ、偶然会ったんで、その辺でお茶でもってレベルですがね」中条は、こう返した。「あのね。今あたし、9月の学会向けの論文の事で、連日学院に詰めてるの。中条さんは、生徒の父兄のお立場だし、初美も非常勤講師のポジ残ってるから、よければ一緒に校舎入れるわよ」 「そうか・・。なら初ちゃん、そうしようか」 「そうね・・小町さん、お言葉に甘えます」二人、こう返し。「OK、じゃ、決まりね」小町は、笑顔で応じるも、その表情に、何かを隠している風情も垣間見られた。

三人は、盆休みで静けさの戻った、佐分利学院の高層校舎に入る。保安課の職員(クルー)も顔見知りの人物で、難なくパス。待機していたEVで上階へ。養護室に入ると、眼下に、帰省シーズンで混雑の始まったN市中央駅の西玄関と、その上階に発着する新幹線列車と、玄関前に出入りする、長距離高速バスなどの様子が窺えた。

「小町先生、お疲れ様です。養護教諭や、お医者さんの診察以外にも、やる事が一杯なんですね」中条、声かけ。初美も「小町さん、意外に忙しいのよね。お盆休みもこちらなの?」問えば「まあね。盆休みはこちら。で、来月半ばに新潟で学会があるから、郷里(くに)へは、その折帰るつもり。ほぼ一週間位、抜ける事になるかしら」小町、こう返す。

「本当にねえ。確か郷里は、東北だったよね。大変やなあ」と中条。「ううん。もう慣れたわ。まあ、時期は少しずれても、年三度は、ちゃんと帰ってるからね」小町、笑顔で言う。そして「さあ、大したもんじゃないけど、よければ一服して」冷蔵庫からサイダーを出し、二人に勧める。小半時程、世間一般の事共で、談笑。

暫く後、中央駅の様子をボンヤリと見ていた中条「あ、おお・・黄色の新幹線列車、あれ『ドクター・イエロー』だな」と反応。二人の女たちも注目「ああ、ホントね。黄色だから、よく目立つわ」 「あれは、鉄道ファンの間でさ『見た者には幸せが訪れる』て言われてるみたいね」 聞いた初美「ホントに?じゃ、今夜は何か、いい事があるのかしらね」笑顔でこう応じ。小町も微笑んだが、内心「初美、夜まで待たずとも、ここで、好い事があるかもよ」と呟いたものだ。

新幹線の線路や電力を送る架線、それに周辺設備などの検査によって、高速走行の安全に貢献する試験列車「ドクター・イエロー」が走り去ると、小町は初美に「よかったら、シャワー使わない?中条さんも」と勧め。聞いた初美、訝(いぶか)る様に「そんな設備、ここにあるの?」訊けば、小町は「あら、知らなかったかしら。ここの奥の部屋に、用意があってね」と返し、二台のベッド奥の、目立たないドアの前に案内した。開けると、そこにトイレ、洗面台と一体のシャワー室が現れ。もう一台、広めのベッドがあるのは、或いは違和感もあったが。

「ふぅん、こんな風になってるんだ。あたし、知らなかったわ」と初美。対する小町「あたしね。養護の仕事が遅くなったり、今みたいに学会向けの用事があったりすると、ここに泊まる事があってね。で、この部屋や備えも、理事長が用意してくれたって事よ」 「成る程ね。ただ貴女、養護以外の事共にも、ここで対処されるとかってあるのでは?」中条が訊くと、女医は「まあ、その辺りは、ご想像に任せるわ。貴方がお思いの好い事は、可能性ゼロとは言えないわね」これを聞くと、初美は一瞬浮かぬ顔をした。

「初美・・」それを見透かした様に、小町が声かけ。「何?」返すと「シャワー行っといでよ」促す。「有難う」 「そこにバス・ローブがあるでしょ。上がったらそれ、羽織っていて」 「うん、分った」初美、こう返してシャワー室へ。

「さてと、新さん」小町、中条を、下の名で呼ぶ。「はい、何でしょう?」男が返すと「今日は、今から彼女の真実を見て欲しいと思って、お呼び立てしたんですよ。その真実は、今、分るわ・・」聞いた男、これからの事の展開を、何となく察した。この前、一夜を共にした折、女医が彼に示した、あの器具が、初美の下方に連結され、彼女の「女の真実」が、彼の眼前に晒されると言う事だろう。その器具とはズバリ、膣鏡(クスコ)の事だ。

中条は、己の感じた事を、小町に語った。聞いた女医は「ピンポ~ン!ズバリその通りよ。奥のベッドに、両脚を開く乗せ台もすぐセットできるの。貴方は、これから正に、あの女性(コ)の真実を、目撃する事になるのよ」男は、言葉を失った。「そんな事をして、どうするのか?」問いたい想いがしたものだ。それを察した女医は「追々話すわ。まあ、貴方はお分かりかもだけど」笑って言った。

暫く後、初美がシャワー室を出、入れ替わりに中条が中へ。小町は、己の机の所で何やら準備。区切りがつくと、それを奥の部屋へ持って行った様な風に見えた。そして・・

「初美、ちょっと来て」 「はい、何?」奥の部屋へ招かれた初美、表情が一変して行く。「小町さん・・これ、どう言う事?」対する女医、薄笑いで答える。「ふふ・・初美。貴女は今から、ここに寝て脚を開き、新さんに、貴女の『女の真実』を披露するのよ。彼は好色な男、決して『No』とは言わないわ。大丈夫、その用意もてできてるわよ」そして、あの器具を、初美の前に示す。

「ちょっと!」険しい表情で、女が声を上げる。「学院の養護室に、何でこんな器具があるのよ!?」対する小町「ああら、初美。貴女、大きな事言えるのかしら。もし、応じられないなら、あたしが理事長に諮(はか)って、去年の夏の、貴女の特別林間学級の行状を、表に晒す事もできるのよ。そしたら今度こそ、貴女は、未成年者福祉法規等違反で、逮捕があり得るわね。それが嫌なら、あたしの指図に従ってもらおうかしら」

「悲しい!悔しい!でも、仕方がない・・」初美、やむなく、奥の部屋のダブル・ベッドに臥す。「ふふ・・貴女、まだショーツ着けてなかっのね」小町は、脚の乗せ台をベッドにセットすると、初美の脚を曲げ開き、下肢をその上に。これで「女の真実」が露わになる寸法だ。「小町さん!貴女って女性(ひと)は・・」女はもう、泣き出したくなる所だった。所へ中条が「有難う。サッパリした」シャワーを終え、戻る。気がついた小町「丁度良かった。新さん、こちらへ・・」
(つづく 本稿はフィクションであります。無断転載等は、法令で禁じられております)。

今回の人物壁紙 JULIA
松岡直也さんの今回楽曲「イマジン・ユー(Imagine You)」下記タイトルです。
Imagine You
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。