FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第30話「計略」

7bb67980.jpg
「まあ暫く、飲んだりして話でもしようか」金山副都心での買い物の後、市営地下鉄で居所に戻った中条は、同行の初美にこう言う。「ええ、そうするわ。さっきはちょっと、恥かしかったけど」 「余り気にせん事だよ。まあ、風呂でも・・」 「有難う」

女が入浴の間に、男は、ウチ飲み兼夕食の準備。チーズの類や野菜スティックはいつもの通り。地下鉄を降り、帰りの道中、スマホで注文したシーフードの宅配ピザは、少し小さ目の「M」。首尾よく、彼が支度中に届いた。バス・ローブを纏った初美が上がると、入れ替わりにざっとシャワーのみを浴びる。

乾杯、そして酒食。この夜は、甥 健(たける)の実家に届いた、フランス産赤ワインのお裾分け。産地は確か「ボルドー」と言う地域の「メドック」と言った。同国最大の名産地とかで、風味の奥行きとバランスの良さが秀でていた。「好いわね。ボルドー産は、平均して質が佳くてね。チーズとの相性も、素敵よ」実は、ワインの知識は中条より詳しい、初美も気に入った様子だった。

「こう言っては何だが・・」彼は切り出す。「もう聞くのも嫌かもだが、さっきの一件で、俺たちは小町さんに、言わば『貸し』を作れたと思うんや。これで彼女を、徹君や健に近づけん様にする足がかりが一つできたって、俺は思いてぇんだが、貴女はどう?」

「新(しん)さん・・」初美、静かに返す。「あたしも、似た事を考えてたのよ。そう、健君や徹に、彼女を近づけ過ぎるのは拙いわね。養護主任だから、具合の良くない時、自由に行けないのが辛い所だろうけど」聞いた中条、彼女が、未だに徹を呼び捨てにするのが気になった。「多分・・」男は思った。「去年の夏、彼(やつ)ら二人と交わった時の、記憶の整理がついてねぇんだろうな。特に、徹君とのそれ。今も、微かに思慕でもあるんだろか?」

「初ちゃん・・」少し、酒量の戻った初美に、ワインを代えてやりながら中条。「俺、今まで躊躇(ためら)ってたんだが、今日の今日、去年の『あの記憶』を、無理に消し去る必要はねぇんだよ。そう言うのは、いずれ時が経ちゃ、薄れて行くもんだろうから」 「気遣い有難う。そうね。少しずつ、忘れる様にします」初美も返す。突然の午後の行為、そして、金山へ移動の時の、貨物列車の警音が心に来ている事は、彼も一応は察していたのだが・・

「それでさ」中条は続ける。「仕返しって訳じゃねぇけど、今日の事を、それはそれで覚えといて、小町さんに、あの二人から手を引かせる一つのきっかけにしようと思うんだ。彼(やつ)らはつまり、普通の中坊に戻って、勉強や部活に勤しみてぇって事だ。最終的には、男生徒に、一切手を出させん様に徹底させる事やけど」 初美「それよね。さっきは随分だと思ったけど、そうなんだ。あたしたちも、彼たちを守る事に協力しないとってとこだからね」 「そうそう。ある意味、巻き込んじまって悪いんだが、そんな事もあるもんでね」 「ううん。そう言う事なら、喜んで協力するわ」

「とに角、小町の童貞漁りは、豊(ゆたか)を最後にしなければならない」と言う想いでは、初美も一致していた。佐分利学院の養護主任の座に就いてもうすぐ三年、理事長が黙認しているとは言え、露見せぬ様一定の期間を置いているとは言え、分っているだけで、六人の未成年男生徒に手を出したのは紛れもない事実。もし白日の下になれば、未成年者福祉法規等違反での刑事問責は目に見えているし、学院の名誉にとっても、大ダメージとなる事は明らかだ。

「まあ、一晩であれもこれも話し合うのも疲れるから、今夜はこの辺にしとこう。さて、こっちはどうかな?」中条、こう言いながらTVの電源を入れ、プロ野球中継をチェック。期待に反し、この日の NCドラゴンズは、西日本の某ドーム球場で HEタイガースと対戦、先日に続く劣勢。この所、どうも不調がちの様だ。それよりも・・

中条が「この時季は、高校野球の夏季大会もあるよな。夏の日中の甲子園は、ここの所の猛暑化で大変なんだよな。熱中症とかで倒れる若衆もいるしさ。『根性なし』とかの問題じゃねぇんだ。気象がこうなっちまった以上、夜のプロ試合と入れ替えて、ええ加減にドーム球場試合を認めたらんといかん。なあ初ちゃん」こう言えば、初美も「そうよね。あれは、あたしも見てて辛いわ。昔と違って、これだけ暑いんだから、何とかしてあげないと可哀そうよ」と応じ。この時、偶然二人の脳裏に、国際レベルでの不安が過った。それは、2020年に開催予定の、次回東京五輪とパラリンピックが、まともに開けるのか?と言う疑問だったのだが、それは話題には至らなかった。

「今夜は、もういかんわ・・」今回のプロ野球試合も、芳しくなさそうだ。男は「今夜は彼女に、無理させたくねぇ。何なら、行為なしでも好い位。さっきの対策話ができただけでも、儲けものだったわ」そう思いながら、TVの番組表を見て行く。某民放番組を観ようと決め、chを合せた所へ、着替えた初美が現れ、右隣に座る。去年の夏、彼を挑発した時と、それに初めてここを訪れた時と同じ、白のミニコス姿である。

「初ちゃん、やる気か?」気になった中条は、そう尋ね。すると「分らないわ。でも、もう少ししたら、何となくイケそうな気がするの」初美、こう返し。「新さん・・」 「うん、何かな?」 「あたしは、立ち直りの速い女よ。貴方の心配は嬉しいし、有難いけど、そんなに弱くない事も知って欲しいわ」 「う~ん、そうか。痩せ我慢じゃねぇだろうな?」 「そんなのじゃないわ。だから、し・ん・じ・て・・」 「あ~、分った分った。・・は好いけど・・こらこら、手を出すの、ちと早過ぎやせんか?」

会話が一区切りする頃には、中条の穿く トランクスが下にずらされて「彼自身」が露わにされ、初美の、しなやかでなよやかな左手の標的となっていた。陰嚢が白い手指の包囲を受け、虫の様に動き蠢いて、ゆるやかに揉まれる。次に、手指は男根の幹を伝って先端へ。亀頭、そして鈴口の辺りをじっくり、ねっとりと撫で回し、勃起を促す。それは恰(あたか)も「さあ、起立しなさい!この無礼者!」と叱咤している様にも感じられる動きであった。

「ハハ、そうか。無礼者で悪かった。でも俺、今日は一回昇り切っちゃってるんだよなぁ」と中条。対する初美「でも、あれから半日でしょう。もう大丈夫よ、男なんだから」と返し。そうなんだよなぁ。「男でしょ!?」と出られりゃ、それは簡単には退けなくなる。誰でもそうだろうが。「それも有りだな・・」下方を撫でさすられ、弛まぬ刺激を受けながら、男はそう思った。女は、今度は隠し持っていた筆で、彼の陰嚢を刺激して行く。ゆっくりグルグルと、玉袋に当てた穂先を回す様に、感触を高めて行く。それは、ほぼ毎朝、彼の居所の向かい家屋上に現れる Kuso犬の、グルグル回る「気狂い踊り」を見る時の快感に似ていた。

「さあ新さん、もう少し濃い事をするわよ」初美、筆の刺激を止める事なく、次には空いた左手で、礼儀を正した、中条の男根の幹と裏筋から先端へ向け、マッサージを仕掛ける。一度は静まっていた欲求が、再び呼び覚まさせられる様だ。「うう・・、んん・・、は・・初ちゃん。む・・無理はいかんぜよ、ううう・・」強い刺激を受け、男は呻く。「そうそう、そんな感じで、もう少し高まって欲しいわ。ね、もう少しだけ、頑張って・・」女は微笑み、左手の動きを大きくし、更に刺激を加えて行く。「な・・何かさぁ、いつもの夜と変わらんくなって来たぞ。貴女、マジで立ち直り早いな。意外だわ~!」中条は感嘆した。

「ふふ、随分感じてくれた様で、嬉しいわ。さあ、じっくり触らせてくれたから、今度はあたしからご褒美をあげるね。まずは、そう・・キスよ。でも、その前に、言葉が欲しいわ」 聞いた男は、その言葉を察知した。女と目を合せ「初ちゃん、好きだ・・」 「あたしもよ・・」数十秒の間、舌技を交えた、濃い口づけ。そのものは、前と同じだが、この夜は、違うそれに思えた。

「ねえ、そろそろ触りたいでしょう」 「そりゃそうだ。でも、無理はいかんよ」 「大丈夫よ。貴方は、いつも丁寧な出方だって、知ってるから。でも、今夜は胸からね。お尻は後よ・・」 「あ~い、分った。じゃ、上の方からな」中条はこう言うと、初美のキャミソールを下へずらし、ブラをゆっくり外して、顔を出した中庸の「胸の双丘」に顔を埋めて挨拶した。それから、筆使いを交えて、乳房への愛撫を一通り。

もう、少しの事では、初美も喘がなくなった。「慣れるとね、相当な刺激がないと、声が出る所まで行かないの。貴方はどう?」 こう訊かれ、中条は「俺か?相変わらずだよ。さっきなんかも、貴女に玉袋を一擦りされただけで、もうアヘアヘだわ~」と返す。「随分過敏ね、本当かしら?でも、感じられるってのは、健康な証拠よ。もっと仕掛けようかな」女は微笑むと、露出したままの男の一物の先端に、唇を合せ。鈴口に舌先を走らせ、幹から陰嚢へと舐め回して行く。「んん・・好い。何か、いつもより濃い様な気がするな。初ちゃん、本当に立ち直ったんか?」仕掛けられる中条、その脳裏には、まだ一抹の不安が残る・・
(つづく 本稿はフィクションであります)。

今回の人物壁紙 三上悠亜
松岡直也さんの今回楽曲「二人の会社」下記タイトルです。
Futari no Kaisha
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。