FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第36話「秋波」

av-30239.jpg
秋の気配が忍び寄る、佐分利学院の研修寮「中山荘(ちゅうざんそう)の熱い夜が続く。養護主任 本荘小町(ほんじょう・こまち)と高等科生 豊野 豊(とよの・ゆたか)が又睦み合い、唇を交わして抱擁へと進んでいた。普段と勝手が違うのは、豊の下級生の伯父 中条 新(なかじょう・しん)と、恩師だった伊野初美(いの・はつみ)が居合わせていた事だ。

もう一度、ベッドに臥した小町は言った。「さあ豊、もう一度熱くなるわよ。用意はいいかしら?」 「はい、OKです。じゃ、繋がる様にしますね」豊、こう返し。「宜しくね。ああ・・楽しみだわ」彼女の言葉を受け、教え子は、黒い下着を捲り上げ、曲げ開かれた脚の間に進み、その股間に顔を伏せ、口唇愛撫(クンニリングス)を一渡り。下草から秘花へと、唇と舌を走らせ、合わせ目に滑り込ませて出し入れ、じっくりと舐め上げる。「んぁ・・ふぅん・・豊、好いわ。上手になったわ。さあ・・んん・・続けて」喘ぎながら女医が言う。「分りました。先生・・」豊の愛撫で、ローズ・ピンクの秘花が潤い始め「ジュルジュル」なる行為の音を伴う様になり。「さあ、いいわ・・来て」 「はい、只今・・」

この言葉を合図に、豊は「少年自身」を小町の秘裂に繋いで行く。粘膜のぬめりを伴う、肉壁の迎撃を感じながら「少年自身」が奥へと滑り、やがて子宮口に当たって止まる。「うう・・ああ・・好い。今、繋ぎましたぁ・・」呻く様な豊の言葉に「い・・好いわ。さあ豊、動いて・・」 「はい・・」上に重なる彼の背に両腕、腰に黒のガーター・ベルトとストッキングを纏った両脚を組み付け、女医は動きを命じる。正常位で腰の動きが開始され、喘ぎと吐息を交えながら高まって行く。

「初ちゃん・・」見守っていた中条、初美に声かけ。「はい。何?」返事を受け、男は「今から、小町さんにこんな事をしようと思うんだが・・」と言い、彼女にグッと寄って、ゆっくりとその唇を奪う。ちょっと驚いた様子の女。「随分急ね。でも、好い感じ。男らしいわ。彼女の前に、もう一度頂戴・・」 「かしこまってござる」二人は、もう一度唇を交わした。
「あのね、新さん・・」初美が言った。「はい、何だろ?」中条が返すと「貴方がキスに行ってる間、あたしは二人の後ろで見てるから」 「うん、それ好いね。是非実行しては・・」女は微笑み、無言で頷いた。

正常位で交わりつづける、豊が少し上体を起こした。中条は「お二人、行為中邪魔して悪いのう。俺、ちょっとだけ参加するわ」こう言って「豊君は頑張っていてくれ。小町さん、ちょっとだけ、失礼をば・・」下に臥す小町の唇を、奪いにかかる。「ふぅ・・んん・・うあっ・新さん、いきなりだけど・・い・・好いわぁ!」喘ぎながら、女医が返し。男は更に、唇と舌を使って、彼女の唇に出し入れを図る。「くふぅっ!んん・・んん・・ふぅぅ~ん!唇を塞がれ、籠った様な喘ぎと、男達の熱い吐息が続く。

一方の初美、堅く繋がれた小町の秘花と、豊の「少年自身」をしげしげと観察し。「ふふ・・うんうん、凄い眺めね。女のあたしも興奮するわ。まあまあ、素敵なお尻ね。綺麗な肌、綺麗な菊花(肛門)・・嫉妬するわ。まあ身分違いだから、当然だけどさ・・」この一言が、小町に届いた。「豊、一休みしよ」 「はい、分りました」教え子が、腰の動きを停める。そして・・「初美!」甲高い怒声が飛ぶ。「はい、何よ・・?」生返事で反応する女に、女医はこう畳み掛けた。「貴女がどう覗いたって構わない。でも『身分違い』って言葉は許さない!今、ここにいる人は、男も女も皆同じなのよ。そこは、謝りなさいよ!」 「ご免なさい。分ったわ・・」女はそう返した。

怒られついでに、初美が訊く「ねえ、小町さん・・」 「はい、何?」 「ちょっと、触っていい?」 「ふふ、言うと思った。本当に『ちょっと』だけよ」 「分ったわ・・」二人、笑う。初美はこれを受け、豊の股間の下に覗く、小町の臀丘をさすりにかかる。「ふふ、小町さん。ちょっとだけ、気持ち良くしてあげるわ・・」きめの細かい、触り心地良い美肌。「うふっ、余計なお世話みたいな気もするけど、お願いするわ。もしかして、気持ち好いのは貴女の方かもね」女医は、こう返す。その上では、教え子が「はふっ・・はふっ・・」と熱い吐息を漏らしながら、腰を使っている。中条も、途切れながらも、繰り返し唇を奪う。男二人の3Pと言う体だ。

次に「さあ、ちょっとは豊も気持ち良くしてあげられるかもよ」初美はこう言って、小町の膣に繋がれた、豊の「少年自身」の幹に手を伸ばす。「うう・・、せ・・先生っ、い・・好いっす・・」彼の呻きを確かめ、今度は菊門から男根の根元、陰嚢、その下の小町の女陰にかけ、動きの大きな愛撫を施す。行為を続ける、二人の興奮も高まっている様だ。

「初美先生、ち・・ちょっと待って下さい」豊が、やっとの事で言葉を発す。「はい、何かしら?」応じると「一休みさせて下さい。このままだと、俺、行っちゃいそうで・・」 「あ~ら、そうなの。じゃ、ちょっと休んでいいわ。でも、流石ね。若さの特権だわ。小町さん、こんな事言ってるから、一息つかせるわね」この言葉に、小町も笑い出し「ハハ、まあ好いわよ。ついでに、違う体位を試そうかしら」 「賛成です!もうちょっとしたら、用意しますね」豊も応じ。

次に試したのは、豊を背にして、小町が後ろ向きに交わる座位。四十八手中の「本駒がけ」だ。「豊、腰動かせるかなあ?」再び繋がりながら女医が訊くと「大丈夫です!綺麗な髪ですね」教え子は、答える時にも師の身体を称える事を忘れない。「ホント・・スケベっ子。でも、好い感じ・・」豊が、小町を後ろから抱えて動きを再開したのを確かめ、中条は再び彼女の前に寄り添い。「さあ新さん、もう一度熱いの、頂戴・・」 「OKですよ」又も舌と唇を交わす、濃い行為を。初美も交合部を観察して「豊、もう少しゆっくり目にね」などとさり気ない指図を送る。

それから、立った姿勢の後背位。これは「うしろやぐら」と呼ばれる姿態。壁を向き、前かがみの小町に、豊が後ろから仕掛け、繋がる。「新さん」豊が腰の前後動を始めると、女医は男を呼び。「もう一度、くれるかしら・・」 「あいや、又ですか?」中条、一瞬迷うも、小町の前に回って「彼自身」を表し。「はぁ・・ふぅぅ・・さあ、挨拶を!」喘ぎながら、女医は、男の男根、そして陰嚢に手を回して高める。「ああ、余り昂らせんで下さいな。俺、気が変わっちゃいそうで・・、うぅんん・・」下方に愛撫を賜り、男も呻き出した。

「豊、ちょっといい?」腰を動かす彼に、初美が声かけ。「はい、何でしょう?」 「動きながら、聞いて欲しいの。君の、腰の動きをちょっとだけ強めて速くすると、好い音がするのよ。試してみて」 「あっ、そうですか。じゃ、ちょっとだけ強くしますね。先生」 「うう・・ああ・・好いわ。それ、頂戴・・」喘ぎながら、小町も応じ。

豊、それを受け、腰の動きを少し強く速めに。すると、小町の臀丘との当りで「パン、パン!」と乾いた音を発する様に。「あ、分りました。これですね」豊が反応すると「そうそう、興奮するでしょう。それ・・」 「有難うございます!ちょっとの間、続けますね」要領の分った豊は、暫くの間、前の小町を突く様に動き続け。「あはぁっ・・ひぃっ・・ふぅんん・・好い!」これまでなかった、大きな喘ぎを発するのであった。

「ああ、ここまで好い感じ。さあ豊、仕上げるわよ」 「了解です。絶頂へ行くんですね」 「そうそう・・」二人、笑う。見守る中条「小町さん、最後まで、俺のしゃぶるつもり?」冗談交じりに訊くと「それ好いわね、つき合ってくれる?」笑ってこう応じ。男は勿論、同意した。「よしっ。こうなったら初美にも、後ろから見るのを許すわ。穴の開く程見ていいわよ!ホントに痴女ね!」聞いた彼女、苦笑す。女医と生徒、それに一応保護者の男と、元講師の女が絡んでの痴態は、次第にヒート・アップして行った。

再びベッドに臥した小町の上に豊が重なり、初めよりハードな姿態の正常位で、頂を目指す。豊が両脚を抱え、更に曲りの大きい体位で「少年自身」を秘裂に返す。中条は小町の求めに応じ、その「自身」を彼女の口内に捧げ、熱い愛撫を賜る。「んん・・んん・・ふぅんん!」声にもならぬ、籠った喘ぎと、男二人の吐息が、夜の部屋に協奏となって漂う。もう一人の女 初美はと言うと、小町と豊が交わる後方に控え、再び堅く繋がった膣穴と菊花、それに根元だけが見える「少年自身」と陰嚢を、白い手指で交互に撫でさする。

「ふふ、こんな機会、滅多にないわ」些か薄気味悪い笑みを浮かべ、女が呟く。「女医さんの美尻と、若者の一物を同時に触れるなんて、新さん、しゃぶられる位は大目に見てあげるわ」そして、熱い交合部と菊花に、そっと唇を寄せ。

「初美!」再び、小町の怒声が飛ぶ。「何よ?爺婆(じじばば)と違って耳が遠い訳じゃないから、大声出さなくてもいいわよ」女が白け気味に返すと「何言ってんの?女が女にクンニして、どうすんのよ!?」 「まあ、そんなに剝きにならなくてもいいじゃないの。あたしは、貴女が気持ち良くなるお手伝いをしてるだけよ。自分の好きでねぇ」初美が返し、更に口唇刺激を加え。 「ふん!」一喝はしたものの、彼女や中条の参加で、小町の愉悦が倍以上のものになっているのも事実だった。

「せ・・先生!お・・俺、行きそうです・・」 「うう・・んん・・後少しだけ頑張って・・」こう言い合い、交わる二人は、遂に頂へ。下方を咥えられた中条は、辛うじて暴発を免れた。「ああ・・ああ・・良かった・・」 「ああ・・俺もですう・・」まだ繋がったまま、小町と豊はこう交わす。「豊君、良かったなあ。小町さんも幸せそうだわ」男も呟く。「先生、伯父さん、有難うございます」豊はこう返した。「初ちゃん、良かったかい?」男が訊くと 「ええ、とても好い感じよ」女も微笑み返し。それを聞いた時だけは、女医の表情は些か冴えなかったが。

暫くおいて「離れていいわ」小町の言葉を受け、豊はゆっくりと、下方の連結を解く。少しおいて、三度目とは思えぬ、濃い若い男精が、女医の秘花から現れる。「さあ、豊」 「はい」 「又、あたしにくれる?」小町に促され「又ですか?」と思いながら、豊は指図のままに、それを舌で掬い取り、小町に口移しで献上する。少なくとも二度目の「ザーメン・キス」だ。

「ハハ、傍で見てると凄いなあ。初ちゃんとする時も、こんななんかなあ」見守る中条、感嘆す。「まあ、そんな風でしょうね。さあ、皆で余韻を楽しみましょう」初美が言った。これには、誰も異論はなかった。その後「どうかしら、四人一緒にシャワーって使えるかしらね」小町のこの言葉に「面白いね。何とかなるんじゃね?」中条が応じ「なら、あたしたちが一緒でもいいね」初美と豊も賛同し、四人一緒のシャワーとなる。

「では、お休みなさい!」男女に別れ、就寝したのは、もう日付が変わる間際。「豊君・・」眠りに就く間際、中条が言った。「はい」 「君はもう、あいつら共々、もう『あの事』で悩まされる事ぁねぇだろう。目途は立った。後は、俺に任せろ」 「そうですか、分りました。もうこれで俺たちは、余計な事は考えんで、勉強や部活に打ち込める訳ですね」 「そう言う事だ。じゃ、お休み!」 「有難うございます。お休みなさい!」窓外を舞う蛍に加え、夜の虫の声も聞こえ始める山間であった。もう、秋は近い。
(つづく 本稿はフィクションであります。次回は2/6(月)以降に掲載予定です)

今回の人物壁紙 希島あいり
松岡直也さんの今回楽曲「九月の風」下記タイトルです。
The September Wind
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。