FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第40話「新路」

43a629b4.jpg
9月17日の土曜、曇り日。中条は、例によって斜め向かい家の屋上に現れた、Kuso犬の咆哮で目を覚ます。

「ここまで来ると、もう予定調和だな・・」とも思う。下方を行く散歩人の連れ犬に、遠吠え交じりで仕掛け、その連れ犬も、負けじとやり返す。飼い主の散歩人は「我関せず」とばかりに歩を速め、リードで犬を促して遠ざかる。上から目線のKuso犬「わ~っ、勝った!ザマミ~!」と言わぬばかりにもうひと吠え。それから勝ち誇った様に、己の尻をグルグルと追い回す「気狂い踊り」をひとしきり。「勝手にやってろ!」愛想を尽かした男は、朝食を手にTVの前へ・・

この日午後は、佐分利学院の養護主任 小町が、新潟県下での医学会出席の為、現地へ発つ事になっていた。その見送りの為、土曜午前の仕事も早めに切り上げられる様、社長の義弟や、専務の実妹とも打ち合わせ済み。居所斜め向かいの Kuso犬の事は、もう親族たちにも知れ渡っており、専務からは毎朝「お犬様は、元気かい?」と冷やかされる始末。「・・たく、犬より低く見られとるんか」悔しいが、こいつのお蔭で精勤できるのも事実。「健(たける)の教育に悪影響がなきゃ良いが・・」つい心配の一つもしたくなるものだった。勿論、半分は、身から出た錆でもあるのだが。

この日の仕事は、11amで終了。時間に余裕があり、徒歩でJRのN市中央駅方向へ。小町、初美、それに豊、徹、甥・健の三少年とは、11:45amに、名豊電鉄バス・ターミナル下の、巨大な人形オブジェの下で待ち合わせだ。三少年には、ちょっと芳しくない夢と願望があった。それは、人目のない深夜、女性がモデルと言われる、このオブジェの股間に「女の真実たる秘裂」を詳しく描き込んで、逃走する事だった。勿論、高所もあって、未だ実現には至らないのだが。

小町は今回、新潟への行程に、空路や新幹線ではなく、長距離高速バスを選んでいた。ここから新潟までは、日に二往復。午後早い時間に発つ昼行と、10:30pm過ぎに発つ夜行があり、彼女の乗る昼行は、新潟地方の路線バス大手 新交興業の担当となる。この会社、以前は電車線も少しあった事は、鉄道ファンの間では有名な話の様だ。小町は、この街で9月19日から21日まで医学会参加。その後、月内一杯 東北の実家へ帰省。10月3日の月曜から、不在の間、代理で学院に来る保健師と交代で復帰の予定である。

「こんちは!元気に行けそうやね」 「小町先生、頑張って来て下さい!」 「皆、有難う!準備万端よ!」バスタから近い、某パスタ料理店に予約していた一同は、ランチのセットを囲み、ひとしきりスーツ姿の小町を励ます。男たちは、思い思いの上シャツにジーンズ姿、ベージュ基調の上シャツに膝丈スカート姿の初美も前後して現れたが、どうも既に、デパ地下で一部の買い物を済ませている様だった。「初美先生、お久しぶりです!」やはり前後着の三少年。「皆、元気で何より!」ほぼ一年ぶりに再会の元恩師との会話も、彼たちの楽しみの様で、明るい雰囲気の内に進んだ。大声では言えない、夏の夜の思い出は話題にならなかったが。

その近況報告とかを交えての、コーヒーや紅茶などを嗜むランチの終盤、小町が「中条さん、ちょっといい?」と声かけ。「はい、何でしょう?」彼が返すと、予め店に頼んでいた、近くの席に移り、暫し会話。この日の彼女は、長めの黒髪が、着用のスーツとよくマッチしていて、艶めかしかった。

「実はね・・」女医が切り出す。「今朝、学院に出て、途中から初美を呼んで、少し話をしたんだけど。彼女、貴方の事で、大きな決意をしてるみたいよ」 「はい、決意・・ね。それは、もう・・?」 「そう、あの事よ」 「あの事ですか・・分ります」決意・・或いはそれは「結婚」を意味するかも知れなかった。

小町は続ける。「彼女、ウチの理事長の推薦で、関連の情報企業に行ってるのは知ってるわよね」 「ええ、その辺はね」 「で、そこが、貴方の加入してる生保会社とも関連があって、そこから、貴方の保険契約の詳細を知ったみたいなの。あたしは言及しないけど、かなり入念な契約をされてる様ね」 「ええ、まあね・・」 「絶対って断言はできないけど、彼女がその決意をしたって事と、全然無関係とは言えないでしょうね」 「なる程、そりゃそうだ。よく『女は現実志向』って言うから、俺のその辺を知ったって事が、決意に繋がった線もあるって事を、仰りたかった訳ですね」 「まあ、そんなとこね」 「そうですか、そいつは有難うございます。まあ急でも何やから、折々話す様にしますかな」 「それが好いわ。この後、初美からも話があるだろうけど。又、何かあったら声かけてね。あたしは良いから・・」 「分りやした。情報感謝です!」会話が終わると、二人は、何食わぬ顔で一同の席へと戻った。

もう暫くの、身の回りの会話の後、1pm前、一同は、バスタ3Fの新潟行乗り場へ。先発の富山行が、正に出発する所。これに続いて、小町の乗る便が入る。バスは「I自動車」のバッジが着くも、よくよく見れば、我国最大手の関連メーカー H自動車の大型モデル「セレガ」と瓜二つではないか。「OEM(相手先ブランド)供給だな、これは」中条が言った。「バッジは『I社』でも、実態は『H社』で生産されたんですね」豊が返す。「そう、最近の自動車業界では、結構あるな」 「それは良いとして、ナンバーが『999』は面白いね」健の指摘に、一同は静かに笑った。

「お待たせしました。ご乗車を受け付けます」二人いる運転手の内一人の案内で、乗車開始。小町、書類や着替え、洗面具などを収めたキャリー・バッグを床下トランクに預け、スマホや飲料、文庫本など、僅かな手回り品のみを席へ。やや狭いが、一人ずつの席が独立した三列の内装。これも狭いが、トイレや給茶器も完備。これからほぼ七時間に及ぶ行程も、まあ快適そうだ。「七時間・・この間に、心の一区切りができる様にするわ」小町は言った。「応援します。今月の残りが、貴女にとって有意義なものになる様に・・」初美と中条、こう言い。「僕たちも、応援しますよ!」徹が音頭を取り、三少年も応じ。「皆、有難う。行って来ます」女医は、静かに返した。

「恐れ入ります。発車時刻になりました」運転手の知らせに「はい、済みません。それでは、出して下さい」一同は、少し下がってこう応じ。行程前半の運転手がコクピットに着き、行程後半の運転手が隣に控え。30席弱の車内はほぼ埋まり、小町も、左側の前から三番目の席に着く。「出たら、すぐ下に下りれば、もう一度見送れるからな」中条、皆にこう伝え。

「行ってらっしゃい!お気をつけて」1:10pm、バスは静かに乗り場を離れた。以前に比べ、問題とされたディーゼル・エンジンの騒音も、随分抑えられている。まず挙手で挨拶すると、一同は、すぐエスカレーターで階下へ。暫く後、Uターンの形でアプローチを下ったバスが、再び現れる。「さあ、これで暫くお別れだ!」もう一度、手を振り合っての挨拶。一同は、右折、そして左折で通りの向うに姿を消すまで見送った。

「伯父さん、初美先生も、ご馳走様でした!」馴染みの店で、茶話会をすると言う三少年と別れ、初美と中条は、バスタの下辺りのデパ地下で、生鮮食品などを買い求めた後、市営地下鉄で彼の居所へ向かう。翌日は、雨の予報が出ており、なるべくこの日の内に買い物を済まそうと言う事になったのだ。話から、どうも初美は、中条宅に連泊のつもりらしい。この日夜は、中条馴染みの居酒屋へ酒食に行き、翌日夜、宅配ピザを取り寄せてのウチ飲みをする予定とした。この日できなかった掃除、洗濯などの家事は「それ、二人で手分けしてしようよ」との彼女の提案を受け入れ、翌日する事にした。余談ながら、中条の居所に置かれる、初美の持ち物が少しばかり増えて来た様な気もする所だ。

2:30pm前に帰着。中条は、すぐにラジオのスイッチを入れ、プロ野球中継を聴く。この日の地元球団 NCドラゴンズは、西日本遠征中。地元の勇者 MHカープとの連戦だ。前日は敗れたが、この日は優勢の様だ。落ち着くと、彼はコーヒーを入れ、初美にも勧める。中条「これでまず一区切りだな。小町さんも、道中で気持ちの切り替えをしてくれるだろうし」と言えば、初美も「そう。それが上手く行くと良いわね」と返し。暫くは、この夏の回顧と、進行中のプロ野球中継の話で時が過ぎ。

3:30pm前だったろうか。話が途切れた所で「新さん、ちょっとシャワーが浴びたいわ」初美が言う。「そうか。どうぞ」中条が返すと「ねえ、一緒に使おうよ」と来た。「ん?」と、男は一瞬思ったが、黙々と応じ。施錠を経て全裸になり、二人一緒のシャワーは、かつて中条が離婚した直後にしばしば世話になった、デリバリー・ヘルスの女性クルーと一緒に使った時の事を、ふと思い出させた。

「新さん・・」 「ん、何かな?」 「何を考えてるの?」 「あ、いやいや、何でもねぇよ」時折、口づけが交じるその場を何とかかわし、下着上下の中条、先に部屋へ。少しおいて、再び着衣の初美も現れる。長手ソファに並んで座り、ラジオのプロ野球中継を引き続き聴く。TVに変えようとする中条の手を、初美が制した。「それはやめて。今から・・」 「うん。今から・・大事な話かな?」 「ふふ、ちょっと違うかもだけど・・」 「いいよ。言ってみろ」 「それはね・・」女はこう言い、男のトランクスの前開きに手を伸ばすと、「彼自身」を取り出して愛撫を始めた。

中条、立膝した初美のスカート内に手を遣り「ハハ、こんな事だろうと思った。この後、ズリ降ろしたいんだろ?」と糾すと、彼女は「まあそうよ。もう少ししたらだけどね。所で、小町さんから、お話聞いた?」 「ああ、聞きましたよ。相当に、俺の内々の事を調べたらしいな」 「そう、前振りしなかったのは、ご免なさい。でも、やっぱり気になってね」 「もう良いよ。知れちゃったら仕様がねぇだろ。で、俺の用意はそれなりだったから、感動しましたってか?」男はニヤリとして言った。「まあ、そんなとこね。お仕事は目立たないけど、生き方は手堅くて。そんな男も、魅力有りかなって感じよ」

女はこう返すと、やおら男のトランクスをずり降ろす。彼の下方は、昼間から裸にされた。下草茂る、男根と陰嚢に、なよやかな手指が取り付き、虫の様に蠢き出す。男は、女の上シャツを捲り上げてブラをずらし、乳房への愛撫で応える。ついでに、舌技を交えた口づけと、程良く長いブルネットにも手を伸ばし。

「初ちゃん・・」彼女と唇を重ねる中条、息を荒げながら訊く。「貴女、まさか今から行為するつもりじゃ?」対する初美「そうよ、そのまさか。今頃気がついた?」と返し、愛撫の度合いを深めて行く。やがて、礼儀を正した「彼自身」の鈴口に唇を合せ、舌も使ったフェラチオへと進む。「所謂、昼マンかよ?」 「はい、その通り!ねえ新さん。あたしの真実を、下品な言葉で言ってみて」 「オイオイ。そんな事、俺に言わすのか?」 「いいから!」下方に仕掛けられ、荒い吐息の中条、呻きながら言い。「お・ま・ん・こ・・」

初美「は~い、よくできました!お返しに、あたしも、貴方の真実の事、言ったげるね!」 「無理せんでもえぇぞ。貴女が下品に見えちまうわ」中条の浮かぬ顔を尻目に、女は「お・ち・ん・ぽ・・」とはっきり言い。「あ~あ、やめて欲しいわ・・」一方で思いながらも、男は「OK。行為で返させてもらうぞ」こう言って、女をソファの上に仰向けにし、脚を曲げ開いて臀丘、そして菊花(肛門)を指でさすりながら、股間の口唇愛撫(クンニリングス)にかかる。捲られた、フレアの膝丈スカートの下は、サスペンダー型のパンスト。ノーマルのショーツは、既に脱いだ後だった。

「初めから、ノーパンは嫌かしら?」初美の言葉に「いやいや、望む所さ。俺の願望分ってくれて、有難うよ」中条はこう返し、彼女の下方への愛撫を進める。程良く秘液で潤った、下草と秘裂に唇と舌を見舞い「ジュルジュル・・」と音を立てて、合わせ目に舌を出し入れしたり、何度も陰核(クリトリス)とかへの口づけを繰り返すなどした。「ああ、好い。んんん・・」ブルネットを揺らし、女が低めの声で喘ぐ。

暫く後「さあ、新さん」初美が言った。「一つになろう。終ったら、お酒が美味しいわよ」 「ああ、まあね。じゃ、まだ明るいけど、繋ぐよ・・」 「ゴムは良いのかな?」と思いながらも、中条はこう返して、臥した彼女の下方から秘花に、礼儀正しい一物をゆっくりと繋いで行く。いつも以上に濃厚な、肉壁、そして粘膜の迎撃を受け、深まる程に、厳しい締め上げ。やがて、興奮を呼ぶ「ポルチオ性感」をもたらす子宮口に達し「ふぅんん・・」軽い喘ぎの合図で、連結が果たされる。

男は、これを確かめて、女の上体を抱きしめにかかる。「ああ、熱い。もう・・時間など関係ねぇ。初ちゃん、これから俺の女は、貴女一人だ。愛してる、愛してる!」応じる女「新さん、あたしもよ!上と下から操り合って、これまで以上に、強く、深く、一つになるの!貴方は、必ずあたしの中に発射するのよ。そしてあたしは、貴方の男精を、一滴残らず搾り取る。一つは、二人の歓びの為。もう一つは、新しい命の為・・」

これを受け、中条は、ゆっくり腰を動かし始める。初めの頃は、揶揄されたスロー・ピストン。だが今、組み敷かれる初美は、恍惚の美しい表情で、歌う様な喘ぎを聴かせ「新さん、好いわ。もっと・・もっと続けて。貴方は上から支配、あたしは下から統制・・」背後に両腕、腰に両脚をガッシリと組み付け、今までにない強い力で蟹挟みを仕掛け、男と一体になって行く。長手のソファ上で、唇を交わしながらの熱い正常位の抱擁。下からの、女の寝技に酔い痴れる男。傍らでは、ラジオのプロ野球中継が続く。微かに聞こえる、観衆の歓声。このシーズン、Bクラス落ちが噂される NCドラゴンズだが、この日は勝利を収めたのであった。
(おわり 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 星野ナミ
松岡直也さんの今回楽曲「この道の果てに(The End of The Way)」下記タイトルです。
The End of The Way
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。