FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第3話「教示」

av-33266.jpg
「さあ、始まるわよ・・」JRのN市中央駅界隈、総合予備校 佐分利学院、花井 妙(はない・たえ)が主宰する情報関連企業「F・I・T株式会社」のいずれからも至近の某ホテル上階のツイン・ルームで、彼女と年下の予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)の小声で語るべき、夜の授業が始まった所であった。

「周君・・」妙は言った。「ベッドの上で話そうかしら。勿論、手は休めないでね」 「はい、先生。今夜は、宜しくお願いします」周はこう返し。
二台並ぶベッドの片側に、腰を下ろした周と、90度の感じで斜めに向き合い。ここだと、彼の視線からは、立膝で「スポーツ座り」をした、妙の股間がチラ見えの風情。よくよく見れば、浴衣に合う白い足袋を着けており、ショーツはより露出の大きい、刺激的なそれに替わっている。「ひょっとして『T』かな?」ともふと思う。それが元で、周の下方は更に温度と硬度を上げ、礼儀を正して行くのだった。

「さて・・」M字に脚を開き、挑発する様な姿勢で、妙が切り出した。「今までの所、君は下半身の方に興味がある様ね」 「ハハ、バレましたか。その通りですよ」周、笑って返す。「良くないとは思いながら、どうしても下方に興味が行っちゃう様でして」 「まあ、無理して変える事もないわ。まずは、好きなとこから触り始めればいいのよ。でも、慣れたらバランスも大事。その内、分るわ」妙はそう言うと、一旦姿勢を変え、冷め始めた日本茶を啜る。

周、同じく茶を飲んで「そうですか。僕も、初め迷ったんですよね。言っちゃいけないかもだけど、宙(そら)ちゃんと初めて遭った時もそうでした」 「いやいや、本当の事言えばいいわ。そうか、で、迷った末、結局は下方に行った訳?」妙はこう返す。周「そうです。で、さっきもちょっと、その事を思い出して、先生に手を回した訳でして」 「そうなんだ。さっき抱き合って挨拶の時、何となくそんな気がしたもの」 「やっぱり、嘘はつけませんね。自分がこうしたいって事が、どうしても仕草に出てしまいまして」 「あらあら、それでいいのよ。今夜はもっと濃い事をするから、君の願望を、そのまま表に出すだけよ」 「分りました。有難うございます」 「うんうん。じゃ、これから続きよ」上体を寄せ合い、もう一度数十秒の濃い口づけ。

「周君・・」妙が言い。「はい」周の返事を受け「あのさ、夜はね、自分の事を『俺』って言って良いわ。その代り、あたしも君の名を呼び捨てにするから」 「それ、良いですね。じゃ、今からって事で・・」 「うんうん・・」そう言葉を交わしながら、仰向けに臥した妙の上に、周が重なる。「先生、もう一度させて下さい」 「良いわ・・」ゆっくりした、この夜三度目の口づけ。

周は、妙の上に重なったまま、浴衣の胸元をゆっくりと緩め、ブラを下へずらすと、DかEかと思わせる、豊かな胸の双丘が現れ。「良いですねぇ、ちょっと、こうしても良いですか?」谷間にじっくりと顔を埋め、深い吐息を吹きかけ。「ああ・・い・・好いわぁ・・」初めて聞く、妙の喘ぎ。「周は、全部脱がない方が好き?」 「そうですね。『半脱ぎ』とか『着エロ』って言うんですか。俺、全部脱がない女性に憧れるんですよ」 「ハハ、ちょっとオッサン臭い趣味ね。まあ良いわ。でさ、この前の話なんだけど、地下鉄乗ってて宙に会った時、それで何かが弾けたって訳かしらね?」 「ご免なさい。仰る通りです」 「分った。でも今夜は許すわ。さあ続けて」 「はい・・」そう言って周は、露わになった妙の上体への愛撫を進める。

「先生・・」周か呼ぶ「はい、何?」妙が返すと「今度は、脚の方から行きますね」こう応じ。妙「ふふ、本当はこっちが目的でしょう?」笑いながら、意地悪く訊くと「はい、その通りです。では・・」周、こう返して、脚への濃厚な愛撫に入る。
足先から股間へ、まずは手指で、次いで舌も使ってじっくりと舐め、愛撫を施す。「んん・・ああ・・こ・・これも好い。続けて・・」妙は、脚を曲げ開き、心地良い喘ぎで応える。

「綺麗な肌ですね」周、素直に称え。妙の身体は、四十代半ばとは思えぬ、弛みや贅肉の少ないスレンダーな肢体。それでいて、肌の張りもまあ優れていて、悪戯半分の愛撫を仕掛ける周を、十分に魅了させるものだった。足袋を着けたままの足先、下肢、膝、太腿の順に辿り、遂に浴衣の裾をはだけて股間に到達し始めた。意外な程似合う、白のTバック・ショーツの裏側へ、侵入する様に指を進めてみる。妙は、低い喘ぎで応える。

「では先生」 「はい」 「そろそろ核心に進ませて頂きます」 「ハハ、分るよ。パンティー脱がせるよって事でしょう。エッチね」 「はい・・実は仰る通りです」 「まあ、予告してくれるだけいいわ」 「はい、只今・・」
周はこう言って、横のストラップに指を絡め、慎重にゆっくりショーツを下ろす。曲げ開いた脚の間に、やや強引に陣取ると、妙の股間は落ち着いた朱に色づいていた。下草の中の核心は、やや落ち着いたローズ・ピンクの風情である。

「ああ・・」感嘆した周が言う。「素敵な色ですね」 妙「有難う。ちょっと落ち着いた色合いでしょ」 「・・ですね。燃える様な・・とはちょっと違う、魅惑的な朱ですかね?」 「やっばりね。あたしは子供を二人産んでるから、核心の色が落ち着いて見えるの。女は、皆そうみたいよ」 「ああ、なる程。偉大な『女性自身』な訳ですね。尊敬しなきゃ」こう言って周は、妙の秘唇に己の唇を重ねる。「んん・・ああ・・あ、有難う」仕掛けられる妙、喘ぎと返事の交じった声で応え。

小半時程、周の口唇愛撫(クンニリングス)が続いた。舌をも交えた、熱く濃厚な愛撫。四十路とは言え、こうも高められると、妙の「自身」も加湿され、意外な程の秘液を分泌するのだった。愛撫の音も高まり「ジュルジュル」と言う、些か耳障りな音を伴うものに変わって行った。

「周・・」妙が呼ぶ。「はい、何でしょう?」周が返すと「今夜が初めてじゃないでしょ。さあ、誰に教えてもらったの?答えて」 「はい、では・・」彼が答えようとするのを一度遮って、妙が続ける。「もし、答えてくれたら、素敵なのを一つあげるわ」 「はい、楽しみですね」と返して、周はハッと来た。「素敵な何か・・それって、ひょっしてあの行為・・か?」

周、妙に嘘はつけないと思った。そして「ええ、実は最初じゃありませんで。一昨年、学院に擁護主任になりたての、本荘(小町)先生に、初めて教わりまして・・」 「やっぱり・・」妙は言った。「あの女性(ひと)、ちょっと噂は耳に挟んでたのよ。やっぱり、童貞漁りか。もしかして、君はその最初の方かしらね」 「・・ですね。そうかも知れません」 「そうかぁ。まあ良いわ。じゃ、小町さんに習った事、あたしに教えてね。きっとよ」 「はい。全部覚えてるかどうかだけど、知ってる事は全部お見せしますよ」 「ハハ、それは楽しみ。じゃ、お約束の素敵なのをっと」妙はそう言うと、グッと周の隣に寄り添い、トランクスを着けた下方に手を伸ばす。

「う・・ああ・・き・・来た!」トランクスが下ろされ、剥き出しになった周の「自身」に、妙の手指が取りついて行く。礼儀を正した男根と、下草を纏った陰嚢が、ゆっくりと、しかし巧みな愛撫の洗礼を受ける。男根の鈴口から、我慢の前触れ液が滴るのを見て、妙はその亀頭状の先端に、唇と舌を走らせる。濃く巧みな口唇愛撫(フェラチオ)が、10分は続いた。「ああっ・・んんっ・・せ・・先生!・・お・・俺ダメです。イキそうです!」 妙はこれを受け「ふふ、好いわ。じゃ、ちょっと休憩ね。これ、分るかしら『寸止め』って言うのよ。イきそうになる寸前で止めるのが効果的なの。本当は、発射しても好いんだけど、止めた方が良ければ、そうしてあげるわ」 「お・・お願いしますっ!」

「じゃあ・・」妙はこう言い、周をベッドに仰向けにさせた。そして「今からもう一つ、好い事してあげるわ」と言うと、彼の顔の上に跨り、腰を下ろして裸の股間をグッと顔面に近づける。四十八手にある「岩清水」である。「ああっ!これ、好い!」興奮した周は、妙の秘裂に下草に舌と唇を走らせ、ついでに菊花(肛門)への愛撫も仕掛ける。「ああっ!ああっ!んん~っ!」再びの大きな喘ぎ。次に妙が上に重なったまま「二つ巴」と呼ばれる、「69(シックス٠ナイン)」の態勢に。又しても強い愛撫を受けた周、今度はたまらず、妙の口内に、濃く熱い男精を放つ。

「ああ・・ああ・・ご免なさい。思ったより、早くイっちゃった・・」周は呟く。「良いわよ。謝る事じゃない。若者の証拠だわ。まあ、少し休憩すれば良いわ」妙、こう返し「周、君の男精、中々好い味してるよ」とニヤリ。
「うわっ!マジですか?もしかして、俺が出したの、味見されたんですか?」 「そうそう」 「ああ、そこまでされたら、何か悪い様な・・」 「ぜ~んぜん!気にしなくて良いわよ。さあ、落ち着いたら、もっと濃いステージに進むわよ」妙、笑いながら言う。二人は、もう一度茶を飲みながら、次の行為に備えて、一服・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 夏目優希
久石 譲さんの今回楽曲「帰らざる日々」下記タイトルです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。