FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第8話「追憶」

av-33326.jpg
全社員が退勤し、静けさの支配する、花井 妙(はない・たえ)の情報関連会社「F・I・T株式会社」の上階社長室の隠し部屋で、彼女と、翌日からの時限出社の決まった浪人生 阿久比 周(あぐい・あまね)の会話が続く。彼は、妙の訊きたい話の内容が分っていた。

「では、お話しします」周は、こう切り出した。妙は「ええ、聞きましょう。無理だと思った所は、話さなくていいわ」こう返し。「有難うございます」答礼が聞こえた。

周「2013=平成25年の秋頃だったと思います。自分は、学院の高等科に上がった最初の年で、その年の春、養護主任の本荘小町(ほんじょう・こまち)、主に初等科の国語担当 伊野初美(いの・はつみ)の両先生が、学院へお越しになりました。本荘先生は、養護室でいつもお目にかかり、伊野先生も、中等科や高等科の受験対策講座を持たれていて、お会いする機会は結構ありましたね。

特に、本荘先生は、身体や心の悩みとかもよく話しに行って、親身に相談に乗って下さり、急速に身近になって行ったのを覚えています。あの年、夏場は余り体調が芳しくなかったのですが、秋に入って、少し持ち直した感じがありまして。お医者様でもある本荘先生は、その辺を詳しく診ておられたのかも知れません。

遅い時間の教科に出て、帰り際の7pm過ぎ、体調の経過の報告に、養護室を訪ねた時の事です。自分が本荘先生を訪ねるのは、前もって分っていました。その夜のあの方は、いつもと様子が違っていた様に思います。一通りの問診を終えると、本荘先生は『阿久比君、疲れたでしょう。後ろの別の部屋は知ってるよね。シャワー浴びておいでよ』て仰ったんです。『あれ、何かおかしいな・・』とは思ったんですが『はい、分りました』と返事、指図通り、シャワーを使いました。で、部屋へ戻ると、本荘先生のご様子が変わっていたんです」 妙「なるほど・・」

周は続ける。「本荘先生、初めの白衣から、とても刺激的な、黒の下着調の衣裳に着替えられていて、自分も、随分気持ちが揺れました。『もしかして、これは・・』の想像をしてましたが、その通りの展開でした。あの部屋からは、JR中央駅辺りの夜景が見渡せて素敵なんで、眺めていたら、スッと後ろから抱きつかれたんです。『阿久比君、こんな事した事ある?』て。そして、向かい合って更に強く抱きつかれ、唇を奪われたんです」 妙「そうか。ファースト・キスは思いもかけない、養護室の先生とだった訳だ」

周「そうなんです。それだけでも、あの時の自分には衝撃でした。ですが、更に続きがありまして・・」 妙は「何となく分るわ。阿久比君、無理なら、又次に聞こうか。それとも・・」 周「有難うございます。ですが、折角の機会ですから、もうお話ししちゃおうと思います」 妙「それも良いわね。あたしも聞くわ。この後の勉強の為にも、その方が良いかもね。じゃ、続けて」

周「はい、続けます。本荘先生は、キスが終わると、自分に、ベッドに横になる様指図されました。すると、自分の下半身、まあ一番感じるとこですね・・そこを、下着越しに撫で始められたのです。ホント『先生、何をするんですか!?』叫びそうになりましたね」

妙「ハハ・・初めてなら無理もないわ。不安だったでしょう」 周「そうですね。正直そんな感じでした。ですが、少し慣れて余裕が持てると『ああ、何か好い感じ。続けてお願いします』みたいになっちゃう訳でして・・」 妙「何となく分るわ。初めての、性愛のときめきってとこね。そうそう、慣れて来ると、段々それが良くなるものよ。ただ、本当に好い相手とだったらね。君は、ある意味幸運だったんだ」

周「そうかも知れません。暫くの間、その妖しいマッサージが続いた後、先生はこう仰ったのです。『さあ阿久比君、隠してても仕様がないから、本当のとこを見せてよ」と言いながら、自分のブリーフを下げにかかられたのです」 妙「うーん、いよいよ核心に近づいたって感じよね」 周「はい、それから自分『自身』が、本荘先生の、深く濃い教えを受ける事になった訳でして。最初に、所謂男根、そして陰嚢の順で、熱く撫でさすられて行きました」 妙「ふふ、あたしのとこまで、熱気が伝わる様だわ。所謂『手コキ』って奴」 周「はい、仰る通りでして、この特訓で、自分『自身』の礼儀は、徹底的に正されて行きました。更にそれに、先生の唇と舌による、熱くて深く濃い教えが加わります」 妙「分るわー!歴史的な初フェラチオの瞬間ね!小町さんったら、ホントに若い男に仕掛けるの、好きなんだからー」呆れた様に、こう応じ。

周「やはり、そうでしたか。続けます。本当に、舌と唇を上手く使われる方でして、もう何て言うんですか、下から激しく突き上げられる様な興奮を抑えきれず、自分は遂に粗相してしまいました。そうすると、本荘先生『ああ、素敵・・若者らしく、濃いのが出たね』と仰って、何と自分が発射した白い物の味見をされたんです」 妙「あーあ、そこまでやるんだ。君はもう、それが何か分るよね。勿論、男精よ」 周「はい、男精ですね。分ります」

周、更に続ける。「その夜、本荘先生が下方にお着けだったのは、随分露出の大きな下着でした。もう股間だけを覆う小さいもので、お尻の丸みが全部露出してました」 妙「分るよ。それ、Tバック・ショーツって言うの。彼女もやるわね。若い男に、のっけからそんなの見せちゃうの拙いって」 周「・・ですよね、本当は。で、自分に、初めはその下着越しに、次に、下着を脱いで現れた『女の真実』にキスをする様指図をされたのです。本当に、凄い眺めでした。『女の真実』を理解するまでに、暫く時間が必要でした」 妙「まあ、矢継ぎ早に、口唇性愛(クンニリングス)まで全部教えたんだ。『実習』の時、随分喘いでたでしょう?」 周「そうですねぇ。余りに声が大きいので『大丈夫か?』と心配になりましたね」こう返す時には、眉をひそめていた。

妙「そうかぁ、小町さん、本気で感じてたんだ。で、君は、その夜の内に、彼女と繋がったんだ」 周「そうです。初めてでしたので、ゴムを使いたいと言いました。『なくても大丈夫よ』て仰ったんですが、やはり不安でして、着けてもらいました。今度は本荘先生がベッドに仰向け、その上に自分がゆっくり重なって行きました。そして、指図通りに核心部分を慎重に繋いで、衝撃と興奮を感じたって事です。後は、あの方の指図のままに腰を動かし、心の余裕もないまま、絶頂を迎えた訳でして」 

妙「ああ、良く分ったわ。正直に話してくれて有難う。初めての時は、訳の分らないとこもあるだろうけど、君にとっては、人生の大きな節目になったのよね。本当は芳しくないんだけど、彼女は、ある意味大恩人だよね。あたしも、本当によくやると思うわ。さっきも言ったけど、まあお医者様だから、大きな無茶はしないだろうけど」 周「そうですね。それだけは、自分も信じております」と言ったものの、先日、彼女の娘 宙(そら)から仕掛けられた事も、同時に脳裏に浮かんで来る所であった。一方で妙は、小町の事を「やっぱり。この、童貞漁り!」と、内心で罵っていた。周が、彼女に童貞を奪われた第一号である事を、既に知っていたのだ。

妙は言った。「阿久比君、今夜のお話は良かったわ。これで、胸のつかえも少しは取れたでしょう。勉強も、ウチの仕事も、気分良く取り組める事を祈るわ。で、さっき、小町先生と体験した事、又近く復習しようね」 周「あ、あ・・復習ですか。今度は、妙先生と?」

妙「そうそう。小町先生に倣った濃くて深い事、あたしにも教えてよ」 周「うーん、上手く伝えられるかなあ?『教えて』て仰られると、ちと自信がありませんで・・」 妙「分る所で良いわよ。だから・・」 周「分りました。そう言うお話なら・・」 妙「大丈夫。少しなら、考える日数をあげるから」 周「はい、有難うございます」 妙「OK。じゃあ、遅くなるといけないから、今夜はこれで。明日夕方から、宜しくね」 周「はい、こちらこそ、宜しくお願いします」 妙「うんうん。途中まで、一緒に帰ろう。いつも下にタクシーが来てるから、大丈夫よ」 「はい、有難うございます。お言葉に甘えます」施錠の後、夜も進んだ9:30pm頃、二人は、待機していたタクシーの一台に乗り込み、帰途に・・。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 桃乃木かな
久石 譲さんの今回楽曲「メモリー」下記タイトルです。
Memory
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。