FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第13話「妖路」

335a4594.jpg
大勢の客で賑わう、ネット・カフェの区分二人席 ペア・ブースに陣取る若い二人、花井 宙(はない・そら)と阿久比 周(あぐい・あまね)の間柄、再び妖しいものに変わって行った。多客でシャワー室が思い通り使えない事もあり、唇を交わしての挨拶後、宙の行為は、食後間もなくから開始された。

「ああ・・おいおい、余り刺激してはいかん。声出ちゃうよ」下方に手指を回され、戸惑い焦る周。宙は、それを余り意識していない風情で「我慢しないで出せば?声も、下の方もさ」意外な余裕さえ見せる。「そんな事できるかよ。周りに気がつかれたら、恥かしいわ」周、呟くも、既に曝け出された男根は礼儀を正し、宙の手指はその下の、下草を纏う陰嚢にも及んでいた。ほんの僅か、揉む様な感触の指使いは、正直 周を魅了した。「ああ、好い。できれば、長く続けて欲しい・・」これが、本音であった。

宙の攻勢はもう暫く続く。「今夜は、意地悪するんだ」 「何だ?」 「周さんに、手コキだけでイってもらいます!」 「ふふん、できるか?貴女に・・」 「やってみなきゃ分らないでしょ。それに貴方、もう亀さんがすっかりその気になってるよ」宙、冷やかす様に言い、周の亀頭、そして男根の表裏を、両手指で交互に撫で上げて行く。「う、んん・・あ、あ、いかん・・出そう・・」昂ぶり、イかされそうになって、間一髪で留まる。「だから・・我慢しなくて良いって。ここでこのままイっちゃっていいから」宙は、周の男根と陰嚢を両手で包み込み、更にマッサージで刺激を加えて行く。暫く後・・

「うう・・んん、だ・・ダメ・・で・・出る・・!」遂に、最初の発射。飛び出した男精が、宙の顔面、額の辺りに降りかかる。ニヤリとしながら「周さん・・」 「?」 「良かった。一度で決まったね、顔射!」笑って言い。「そんな事言うか?」周が呆れて返すと「だって事実だもん」こう続け。「ついて行けんな、こいつは・・」これも、正直な所であった。濡れティッシュで拭い、とりあえずの処理。「この匂い、独特だね」笑いながら確かめる宙の仕草も、又 彼を慌てさせた。

入店してほぼ一時間半後の6:30pm過ぎ。周は宙に「これから、どうする?」と尋ね。彼女の答えは「周さんとこで、ゆっくりしたい。母や姉には、カプセルで泊まるって言って来たから大丈夫。今夜なんて、どこも混んでて一杯だから、それが正解よ」 「マジか・・でも、まあ良い」そう思った周は「分った。じゃ、行くか」 「うん、良いよ。行こう!」会計を済ませた二人は、そのまま地下鉄で周の居所へ向かった。

電飾に彩られたクリスマス・イヴの、賑わう街から離れるのは、些かの未練の様な気持ちもあるにはあったが、かと言って、深夜まで混み合う店舗や見所を、遅くまで周ろうと言う気にもなれなかった。7pm過ぎ、N城址北の、周の居所へ。近所のコンビニ店で、飲料などを買い、TVやネットなどで過ごす事になりそうだ。「今夜は泊まり」言わなくても、そんな風情になるだろう事が分った。

居所に入ると、周は、とりあえず入浴の準備。既に浴槽の水は張ってあるので、後は着火し焚くだけだ。TV番組のチェックなどして小半時後「先に入れよ」宙に、入浴を促し。「有難う」彼女が浴室へ向かうと、後輩の豊野 豊(とよの・ゆたか)にLINE送信。幸い、彼は居所の寮に帰っており、すぐに返信が来た。「豊か?俺だ。今夜なんかはお出かけかと思ったよ」 「ああ、阿久比さん今晩は。お出かけ・・?まさか!俺は貴方より見込み少ないですよ」 「そんな事言わんで、少し位動きゃ良いんだよ。勉強の合間の、少しの間ならOKだろ。気分転換にもなるしさ」 「本当は、そうしたいんですがねぇ。中々きっかけがありませんで」 

周「確かに、本当は良かないよな。どこかで状況を変えんと、ずっと今のままだしさ。いや、大学に進んだって」 豊「まあ、そうですねえ。でも、今夜は諦めました。阿久比さんは今日、街中とか行かれたんですか?」 「ああ、まあな。イヴらしく、どこも超満員だったよ」 「ハハ、やっぱり。それご覧になって、ヒビられたのかな?」 「ふふ、まあそんなとこ。お互い様・・か。所で、肝心の事を言うわな。よく聞けよ」 「ああ、はい、分りました。伺いましょう」

「あのさ」周は続ける。「年明け二日午後の、社長んとこのお年始な。あれ、夕方以降にして欲しいんだと。時間は多分、5pmか6pm時頃になるだろう。俺は、多分にその方が良いからOKしといた。お前も事情は同じだろうが、念の為って事があるからな」

豊「有難うございます、・・ですよね。で、俺もその方が具合が好いですから同じでお願いします」 周「分った。じゃ、夕方からで、社長に話をしとくわ」 「はい、お願いします!それでですね・・」 「それで・・何だ?」 「あの・・夕方からだと、ひょっとして一泊・・なんて事は、ないでしょうかね?」 「一泊・・か。まあ、こっちで詮索すべきじゃないが、可能性はあるかもな」 「・・ですか。じゃ、一応そっちの準備もした方が良いですね」 「それは、お前の判断次第だ。俺は、何とも言えんと思うが」 「分りやした。じゃ、そうなっても良い様に準備って事で。夕方からになる自体は良いですよ」 「OK、それで決まりだな。じゃ、この後お伝えするわ。明日辺りで、時間とかの詰めをして、又連絡するわな」 「はい、ご面倒かけます。宜しくお願いします!」交信終了。

先の宙と入れ違いに、周が入浴。下着姿で部屋に戻ると、宙は、周到にも夜着のネグリジェに替えていた。暖房あれど寒いので、トレーナーの上衣を貸してやる。暫くの間、ネット検索などの後「続き、始めよう・・」宙が声かけ。「よし、もう良いか?」周は応じ、ソファに並んで座り、この日二度目の口づけ。

宙の手指の動きは素早かった。すかさず、周の股間に回り、下着越しの愛撫を始める。もう、一度はイかされたと言え、周の性感も回復が早かった。巧妙な愛撫に応じるかの様に、男根か勃起、亀頭が礼儀を正す。宙の手指が、下着の前開きに潜り込み、中の男根と陰嚢を、外に連れ出す。

「ああ・・ううう。ま・・又やる気だな」呻きながら、周が反応。「勿論!今夜は、もっと深い所へ行くわよ」宙、こう返して、周の「自身」への愛撫を、片手から両手に替え。男根の表裏、亀頭、そして陰嚢にも、濃厚な愛撫が加えられ、昂らされる。「さあ、次よ!」宙はこう言い、亀頭から、周の男根を吸い込みにかかる。

「やっぱり、好い・・なあ」素直にそう感じ、周は、暫く愉悦に身を任せ。二十分程を経て「さあ宙ちゃん、初めてのお返しだ」促してベッドへ。仰向けに臥したその上に周が重なり、三度目の口づけを経て、胸周りを開き、ブラを下へ。現れた胸の双丘を、じっくりと攻め、少しの揉みを交えて、丁寧に愛撫。「ああ・・好いわ」宙、初めての喘ぎ。やや高温の、クリアな声だ。続いて、ウェストの括(くび)れ辺りを経て、一旦脚へと飛ぶ。二ー・ハイを纏った足先から膝、太腿を経て、下半身の核心周りをゆっくりと撫で回す。

「うう・・んん。これ・・好い。つ・・続けて・・」途切れがちな言葉を伴い、宙が反応。「好い感じ・・」脚を曲げ開き、まずはショーツ越しに高めて行く。今夜は、勿論「T」ではない。少しおいて「そろそろな・・」周、宙に声かけ。意味が分かったか、微かに頷いて反応。これを確かめ、周は、ゆっくりとショーツを下ろして行く。眼前に、恐らくは、まだ交わりを知らぬだろう、白無垢の秘部が姿を見せる。
「ああ、思った通りの素晴らしさ・・」程良い薄目の下草の上に、朱の秘花が、その手前に形の佳い菊花(肛門)が並んで咲く。まずは絶景。周は、導かれた様に、宙の秘花に唇を重ね。高めの喘ぎを聞きながら、秘花の合わせ目に舌を挿し入れ、高めて行く。程なく、秘液の分泌が始まり、それを啜る「ジュルジュル」音も伴う、濃厚な口唇愛撫(クン二リングス)に変わって行く。

「周さん・・」宙が声かけ。「うん、何かな?」 「そろそろだね」 「ああ、分る。ちょっと、待ってな・・」周はそう言い、用意していた、小さい樹脂の包みを開けにかかる。ゴムの用意だ。「待って!」周の動作を、宙の手指が遮る。「?」 「あたしがするわ」 「ああ・・」宙、周から包みを奪い、中の薄手のゴムを、手早くその亀頭に着けて行く。そして・・「さあ、戻って来て!」

周は、再び宙の上に戻ると、慎重に、男根の先端を秘花に合わせて行く。「初めてかも知れない」一抹の不安が、脳裏を過る。更に、男根をゆっくり滑らせて進んだ所で、悲鳴にも似た喘ぎを伴う、大きな抵抗があった。「拙いな・・」二度、三度滑らせるも解消せず、一度、抜き離しを試す。その結果・・ゴム越しの亀頭に、一定の出血があった。「やっばり・・」周の胸中に、衝撃が走る。「彼女(こいつ)、処女だ!」

「宙ちゃん!」 「何?」返す彼女は、不満そうだ。周「無理はいかん。今夜はここまでだ!」 「どうして?大丈夫だよ」 「・・な訳ないだろ!血が出てるぞ!」 「・・・」言葉はないが、宙は、ようやく状況を悟った様だ。「手当せんといかん。生理用品ってあるか?」 「周さん、心配ないよ。あたし、処置できるから」 「ああ、悪いな。その辺は任せるわ」宙はそう言うと、速やかに処置す。

「でもさぁ」彼女は続けた。「二度目、もう一度したいな。ねえ、口でなら良いでしょ?」 「それなら、良いでしょう」続きは、再びソファの上になった。露出したままの、周の男根を再び口に含むと、宙は、濃厚な愛撫を再開し。時折、裏筋や陰嚢へのものを含め、熱くじっくりと、口唇愛撫(フェラチオ)を進めて行った。

周は、複雑な想いだった。出血を伴う、宙の症状を気遣いながらも、高められる歓びは抑えるべくもない。呻きを伴いながら昂らされ、遂にと言うか、やはりと言うか、二度目の絶頂へと押し上げられる。その時、宙は亀頭に食らいついたままだった。「ふふ・・」含み笑いの彼女に、周が訊く。「もしかして、呑んじまったのか?」 宙は、うん・・と頷きながら「そうだよ。濃くて、中々好い味ね」と笑顔で返し。

「呆れた奴め・・」呟きながら、周は「どうする?帰れる時間だけどな」訊くと、宙「ううん。このまま泊まって、明日帰るよ。ねえねえ、眠れるまで、暫く勉強したいな」こう言い出し。周「ああ、良いよ。できる所をなるべく潰して、寝ようかな」 「それ、同意です!」
二人は、居所にあった周の教材で、日付が変わって暫くまで受験準備の意見交換などを行い。「お休み!」宙の出血もあり、事後のシャワーは見合わせた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 鳳かなめ
久石 譲さんの今回楽曲「インポシブル・ドリーム」下記タイトルです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。