FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第20話「未知」

花井邸で続く「夜の年始」の、最初の頂(いただき)に昇り詰めた所で、花井 妙(はない・たえ)が二予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)と豊野 豊(とよの・ゆたか)に向け放った囁き・・それは。「つまりね、二人の『男』を、同時に感じたいの。もっと直(ダイレクト)に言えば、二人同時に『男』を奮い立たせて、あたしの『女』に繋がって欲しいのよ。そうすれば、三人一緒に、歓びの頂に昇る事ができるって訳よ」 「うわっ、マジす...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第19話「交位」

正月二日の遅く、広い花井邸の居間で、女社長 妙(たえ)と、予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)、そして豊野 豊(とよの・ゆたか)、三人の絡む「夜の年始」が続く。周は、妙から己の下方を高められて礼儀を正し、答礼の、彼女の下方への愛撫を一通り終えた所であった。三人とも、下半身は既に裸の状態だ。「周・・」妙は言った。「とても好い。さあ、続きはベッドでしたいわね。あたしを連れてって」 「はい先生。俺たちの寝室...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第18話「夜礼」

「ふふ・・二人、期待してたんでしょ?これから、夜のお年始の始まりよ。宜しくね」N城址から少し北東に入った、花井 妙(はない・たえ)の大きな家屋敷の居間で、訪れた予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)と、後輩の高等科生 豊野 豊(とよの・ゆたか)、それに彼女の三人による、年始 夜の部の幕が上がろうとしていた。妙は、妖しげにフレア・ワンピの裾を持ち上げ、黒のストッキングを纏う脚がよく見られる様、彼たちに仕向...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第17話「年始」

明けて新年、正月三が日は、多少曇る時はあっても、概ね晴天の穏やかな日々だった。気温も大きくは冷え込まず、日中などは10℃超えの、所謂「小春日和」と言っても良い位の好ましい気候。その様な中の二日午後、予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)と、豊野 豊(とよの・ゆたか)は、前後して、それぞれの実家から戻って来た。周は、夕方前のpm4過ぎ、豊は、そのほぼ一時間後のpm5頃、それぞれの居所に戻った。初め、豊は午前中にM...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第16話「歳末」

「宙(そら)!」年の瀬の、社長室に続く「隠し部屋」で、部屋の主 花井 妙(はない・たえ)は、予想もしなかった大胆な挙に出た次女 宙の事を本気で睨みつけ、激しく罵った。普段は、自然に出る「ちゃん」の後付けもない。彼女は、母の非常勤の部下である予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)の男精を横取りした上、それにつき、当然の所作となる、己が生まれ落ちた母の秘花を舐め回したからである。その時の妙には、宙の行為への...

続きを読む

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。
尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。